活動レポート

2018年オール立命館福岡県校友の集い(総会懇親会)

2018年11月17日(土)17:30〜 ソラリア西鉄ホテル8F

2018.11.17 17:30〜
11月17日(土)ソラリア西鉄ホテル8Fにて、第69回オール立命館福岡県校友の集いが行われ来賓校友200名が参加し盛会に行われました。
開会あいさつは照屋俊樹(2015文)緊張の面持ちであいさつ。
校歌斉唱はメンネルコールOB川上英俊(1985産社)、ピアノ伴奏は三上由佳副会長(1996産社)。
森下良吉会長(1971経営)よりあいさつ。
黙祷の後、議事にて今年度報告と会計報告。
閉会の言葉は篠崎巧(1964法)嘉飯わだつみの会副会長。

来賓紹介の後、
立命館専務理事 上田寛様、大学校友会顧問の飛鳥井雅和様、APU副学長金賛會様よりあいさつを賜りました。

祝電披露、賛助金の交付と続き、

廣岡睦(2009産社)による講演。

講演は日常生活の中で当たり前が当たり前でなくなってきている昨今の気象状況のことを、いかに子どもたちに伝えているかなどをわかりやすく報告していただきました。短い時間ながらも本人の熱意がヒシヒシと伝わってまいりました。

懇親会
森下会長からのあいさつの後、
る森崎巨樹(2010政策科学)と野瀬沙希(2012APU)による乾杯
森崎さんは今年12月にご結婚の予定で更に祝賀ムードが高まりました。

その後、登場したのが拳四朗選手 現役のWBC世界ライトフライ級王者です。
お父さんは元日本ミドル級王者で元OPBF東洋太平洋ライトヘビー級王者の寺地永さん(立命館ボクシング部の出身)。
今回ボクシング部OBである弊会校友会監事の岡田正光(1976経済)のご尽力により、世界王者に来て頂くこととなりました。

会場後方より登場した拳四朗選手に皆拍手喝采。

その後壇上にてミット打ちを披露。校友ボクシング部OBが相手をつとめます。

またまた会場がどよめきます。

スピードは軽量級なのですばやく、でも当たりの重さはクラスを越えているとのことで、ミットを持っていても痛そうにしてあります。

その後は壇上にて司会の藤永前香(1979産社)さんによるインタビュー。途中彼の母校である関西大学の方々とも写真撮影があったりして、にぎやかでした。

恒例の新人紹介の後、大抽選会が行われ、
松宮央(2014文)による演舞によりグレーター立命、そして拳四朗選手および関関同立APUへのエールと続きクライマックスへ。

最後は森下会長による博多一本締めにより閉会となりました。

多数の方々に参加いただき、誠にありがとうございました。
また、総会へ向けて事前の準備に携わっていただいた方々へ感謝申し上げます。
特に大成印刷の方々には多大なる感謝を申し上げる次第です。
来年はいよいよ創立70周年。2019年11月16日(土)に記念総会を予定しております。
ぜひともみんなでお祝いいたしましょう。

開会の言葉 校歌斉唱はメンネルコールOB ピアノ伴奏 閉会あいさつ 賛助金の受け渡し 講演会

森下会長あいさつ 乾杯 乾杯 拳四朗登場 花束贈呈

藤永さんによるインタビュー 拳四朗とボクシング部OBによるミット打ち 拳四朗とボクシング部OBによるミット打ち 拳四朗と森下会長 関西大学OBの方々と うれしそう みんなと一緒に 初参加者登場 お仕事は革ジャンの作成です 京美人 抽選会 グレーター立命